計算化学実験マニュアル

Indexに戻る


Gaussian98プログラムの使用法GaussView03プログラムについて

  1. GaussView03
    1. GausViewの使い方
    2. プロピンの作成
    3. プロピンの構造最適化
    4. パラメータの計測
    5. 振動数の計算

  2. メンシュトキン反応のTS計算
    1. 入力の作成
    2. TS探索のための候補構造の作成
    3. RHF/3−21GレベルのTS計算
    4. GaussViewプログラムを用いたTSの計算
    5. 結果の確認と振動解析

  3. Diels-Alder反応の遷移状態の探索
    1. 初期構造の作成
    2. ミニマムエネルギーパスの計算の設定
    3. 結果の抽出とそれを用いたTS計算の実行
    4. 結果の確認と振動解析
    5. 極限的反応座標(IRC)計算

  4. Ene反応のTS計算
    1. 初期構造の作成
    2. Gaussianファイル⇒MOPACファイルの変換
    3. 等高線図法のための初期構造の作成
    4. 等高線図法の設定と計算

  5. 1,3双極子付加反応の遷移状態
    1. イソオキサゾリンの作成
    2. 等高線図法の設定
    3. GNUプロットを用いた等高線図の作成
    4. 結果の確認と振動解析
    5. B3LYP/6-31G*レベルの計算による遷移状態の計算

  6. スルフォニウムメチリドを用いたエポキシ化反応
    1. 初期構造の作成
    2. 中間体生成の反応の遷移状態
    3. 結果の確認
    4. 中間体からエポキシ体の生成反応