WinMOPACを用いた計算化学実験
(実験7〜10)


Indexに戻る

実験7 分子軌道を描く

  1. プロピレンの分子軌道
    1. プロピレンを作成する
    2. 等電子密度面の表示

  2. ベンゼンの分子軌道
    1. 構造最適化と分子軌道係数の確認
    2. 分子軌道概念図の作成の表示
    3. 等電子密度面の表示

  3. 水の分子軌道
    1. 構造最適化
    2. 分子軌道の概念図
    3. 等電子密度面の作成
    4. 電子密度等高線図の作成

  4. メタンの局在化軌道
    1. 構造最適化
    2. カノニカルMOと局在化MO

実験8 反応性指数 ― 電荷とフロンティア軌道 ―

  1. プロピレンの電荷分布及び電子密度
    1. 電子密度の計算
    2. ESP法による電荷の計算例

  2. フロンティア軌道と反応予測
    1. マルコフニコフ則
    2. SN2反応
    3. Diels-Alder反応
    4. 置換基効果I
    5. 置換基効果II

実験10 CNDO/S法による励起エネルギーの計算

  1. 実行入力ファイルの作成とプログラムの実行
    1. エチレンの作成
    2. 新しいフォルダの設定
    3. MOSFプログラムのキーワードの設定
    4. 計算結果の確認
    5. 計算結果の解析
    6. 計算結果を用いた実測値の帰属

  2. ピリジンの電子遷移の帰属
    1. 構造最適化
    2. 計算結果の確認
    3. 分子軌道の確認と遷移の帰属

  3. ポリエンの励起エネルギーの計算値と実測値の相関関係
    1. 励起エネルギーの計算
    2. 計算値の整理
    3. 計算値と実測値の相関関係