Tel: 0836-85-9238
FAX: 0836-85-9201
kenji@yamaguchi-u.ac.jp




2012年の活動

2001年以前の堀研究室
2011年,2010年,2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年
2002年2001年2000年1999年1998年
  1. 8月28,29の日程で,恒例のキャンプ(最近はバンガローに泊まっている)を行いました。学生諸君はサッカーや飲み会でそこそこ楽しんだようです。
     私(堀)は,最近の例に漏れず,BBQのみの参加でした。BBQ終了後,バンガローに移り,より遅くまで飲見ながら,色々な話をしました。以下に,その時の写真の何枚かを入れておきます。
     今回は女性がいないせいか,本当に「肉」だけのBBQであることに,後で気づきました。


      

                 呑むぞ!!乾杯!                        一人で肉を焼くの図

      

                まだまだ入ります                          堀先生,人生を語る


  2. 2012年の学生の集合写真を取りました。新歓のバーベキュウでのスナップです。


           隅本                  鬼村  今橋 眞田
     福島       Heng 小北              井本 時村 小畑
        小川               堀      久保        小谷 
  3. 学会での発表状況
    1. Kaweetirawatt Thanayuth、山口徹、隅本倫徳、堀憲次
      Theoretical Study on Keto-Enol Tautomerism using the QM/MC/FEP Method
      The 4th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry
      (National Park Resort Village, Fukuoka, Japan 2012年3月5〜6日)P03
    2. 隅本倫徳、川島雪生、横川大輔、堀憲次、藤本斉
      Theoretical study on the molecular structures of X-, α- and β-types of lithium phthalocyanine dimer
      The 4th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry
      (National Park Resort Village, Fukuoka, Japan 2012年3月5〜6日)P12
    3. 小北要平、Kaweetirawatt Thanayuth、隅本倫徳、堀憲次
      安息香酸エチルの加水分解におけるQM/MC/FEP計算の精度の検証
      日本化学会第92春季年会(慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス 2012年3月25〜28日)3M4-37
    4. 山本豪紀、米田昌弘、尾崎綾菜、隅本倫徳、堀憲次、杉本常実
      ルイス酸/コバルト塩を触媒とするシクロヘキサノンオキシムのベックマン転位反応
      日本化学会第92春季年会(慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス 2012年3月25〜28日)1PA-041
    5. 山本豪紀、米田昌弘、尾崎綾菜、隅本倫徳、堀憲次、杉本常実
      ブレンステッド酸/コバルト塩を触媒とするシクロヘキサノンオキシムのベックマン転位反応,日本化学会第92春季年会(慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス 2012年3月25〜28日)1PA-042
    6. 福嶋彬雅、岩井志帆、藤田貴宏、隅本倫徳、堀憲次
      QM/MC/FEP法と実験を併用したメチル基転位反応に及ぼす溶媒効果の評価
      日本化学会第92春季年会(慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス 2012年3月25〜28日)2PA-219
    7. 岩井志帆、久保紗知子、Kaweetirawatt Thanayuth、小川光博、隅本倫徳、堀憲次
      QM/MC/FEP計算に基づいたマイクロリアクターの反応条件設定−Prilezhaev反応への応用−,第23回基礎有機化学討論会(京都テルサ 2012年9月19〜21日)3P003
    8. 時村健太郎、西嶋亮、岩井志帆、隅本倫徳、堀憲次
      溶媒の極性に依存したピペリジンと臭化ベンジルのSN2反応の速度変化に関する研究,第23回基礎有機化学討論会(京都テルサ 2012年9月19〜21日)3P004
    9. 小北要平、岩井志帆、Kaweetirawatt Thanayuth、隅本倫徳、堀憲次
      実験及び理論計算を併用したクルチウス転位反応の溶媒効果の検討
      第23回基礎有機化学討論会(京都テルサ 2012年9月19〜21日)3P005
    10. 眞田昭平、隅本倫徳、堀憲次
      N-N二座配位パラジウム(II)錯体を用いたHeck反応の触媒サイクルと配位子効果に関する理論的研究,第23回基礎有機化学討論会(京都テルサ 2012年9月19〜21日)3P006
    11. 隅本倫徳、本多輝行、川島雪生、堀憲次、藤本斉
      SnPc, PbPc及びSn(Pc)2の電子構造と励起エネルギーに関する理論的研究
      第6回分子科学討論会(東京大学本郷キャンパス 2012年9月18〜21日)4P111
    12. 山本豪紀、米田昌弘、古田貴陽、尾崎綾菜、隅本倫徳、堀憲次、杉本常実
      ブレンステッド酸/コバルト塩を触媒とするシクロヘキサノンオキシムのベックマン転位反応,2012年日本化学会西日本大会(佐賀大学本庄キャンパス 2012年11月10〜11日)1P-120
    13. 山本豪紀、米田昌弘、尾崎綾菜、古田貴陽、隅本倫徳、堀憲次、杉本常実
      触媒量の酸塩化物・酸無水物を用いたシクロヘキサノンオキシムのベックマン転位反応,2012年日本化学会西日本大会(佐賀大学本庄キャンパス 2012年11月10〜11日)1P-121